白ロムの流通増加と端末販売店

白ロムという言葉をご存知でしょうか。

白ロムとは、携帯電話端末の中から携帯電話会社との通話契約の際に個人認証として差し込まれるSIMカードを抜いた、言わば魂の抜けた状態の端末の事です。
もちろん、これを買い取って自分が既に利用している携帯電話内のSIMカードを差し替えれば正常に動作します。




逆に言えば、SIMカードを挿せば正常に利用できる状態のSIM無し端末の事を白ロムと言っているのです。

ここ数年、どこの携帯電話キャリアも顧客獲得のため、新規や乗り換えの客に制限付きでかなり割安で携帯電話やスマートフォンを販売しています。

勤怠管理ならこちらが人気です。

例えば、2年間利用し続けること、途中で解約したら違約金という制限の元に、回線契約と同時に端末本体は無料で貰えることさえ少なくありません。

他社からの乗り換え、いわゆるMNPの場合はその割引額もいっそう過激化し、端末が無料どころか毎月の通信量から割り引くような、実質端末代金マイナスの機種さえ多くある始末です。



こうして大量に流通することになった高機能の携帯電話やスマートフォンは中古市場に流れ、白ロムとして販売されているのです。
最近ではスマートフォンの高性能化が進み、通話を行わなくても単に小型の情報端末として十分に利用できるような性能を持っています。

例えば、Webでちょっと調べ物をしたり、メールをチェックや読む程度ならば完全にパソコンを置き換えてしまえるような現状です。

したがって、音声回線の契約は、特に2年縛りなどといった一定期間の強制はどうしてもしたくないが、スマートフォンなど小型の情報端末は欲しいという人を中心に白ロムの需要も大変増しています。したがって、供給増と需要増が噛み合うことにより、その仲介を行う白ロム販売店が昨今では急激に栄えているわけです。


白ロム等の端末販売店の追い風は他にもあり、今は外国産の低価格タブレット端末などが多く作られており、それらを大量に輸入し安価で販売することで白ロム以外にも安定した利益の確保が行えるようになっているのです。

携帯電話が急速に普及した結果、多くの携帯電話会社がシーズンごとに新機種を発表することが当たり前になりました。

実際に国民のほとんどが携帯電話やスマートフォンを所有している日本においては、新規顧客の獲得のためには、他者よりも安いサービスを提供すると共に、より魅力的な携帯電話やスマートフォンを発売することが重要な戦略となっています。実際にある携帯電話会社では海外の人気スマートフォンの独占販売契約を結ぶことで大幅に新規契約者数を伸ばしている会社もあります。
このような状況によって、各携帯電話会社は次々と新しいスマートフォンを市場に投入していますが、ユーザーはスマートフォンを買い換えた後には、今まで使っていたスマートフォンや携帯電話を中古買取業者で買取を行うことも珍しくなくなりました。


このような状況の背景には、電話番号情報などを記録したsimカードを差し替えるだけで、他の携帯電話やスマートフォンを利用出来るというシステムの普及があります。

購買アウトソーシングの最新情報を掲載しました。

このsimカードを抜いた状態の携帯電話やスマートフォンを俗に白ロムといって、自分のsimカードを差し替えることで、簡単に他の携帯電話やスマートフォンを利用することが出来るようになっているのです。

この白ロム携帯や白ロムスマートフォンは中古携帯電話販売業者から簡単に購入することが出来る上に、最新の機種も多く販売されており、白ロム携帯を利用することで、機種変更などを行う必要もなく、簡単に携帯電話やスマートフォンを取り替えることが出来るのです。


マイナンバー収集の様々な相談を受けることができます。

このような白ロム携帯は中古であることが多いのですが、実際には状態の良い未使用の携帯電話やスマートフォンも多く販売されており、新品同様の携帯電話やスマートフォンを購入することが出来るのです。一方、最新の機種についても中古市場に白ロムとして出回っていることも多く、最新機種を利用したいと考えるユーザーにとっては大変便利に利用することが出来るのです。

http://matome.naver.jp/odai/2143023043346539101
http://next.rikunabi.com/journal/entry/20140519
http://s.news.nifty.com/magazine/detail/spa-20160206-1046292_5.htm